設計・申請
planning and application

中大規模木造建設

あなたらしい住まいの実現のために。


レビックの設計部は住宅業界に特化した日本一のサービスを追求し、
住宅の企画や設計はもちろん、構造計算・各種申請など、さまざまな業務を行っています。
これまでも、そして、これからも。
わたしたちは住宅会社様、施主様へ今までの住宅関連サービスの枠を超えた+αの価値をお届けし続けます。

プランニング(住宅設計)

  • プランニング

    今の暮らしとその先の暮らしをデザインする。
    間取りを考えるときに大切なことは、住みやすさだけではなく、どんな家に住みどうゆう風に暮らしたいかというお客様のビジョンです。ただ、そう考えることは簡単なようでいて難しいものです。 長く暮らす我が家だからこそ、思いはたくさん詰め込みたいもの。けれども、「思い」が「重い」になってしまわないように私たちはお客様との細やかなヒアリングと念入りな打ち合わせを行い、今だけの住まいではなく、未来へ続く住まいづくりのプランをご提案いたします。

構造計算

  • イメージ

    「安心して住める」安全な家づくりを行うために。
    安全な建物をつくるために構造計算はとても重要な役割を担っています。建築確認法で定められた壁量や耐荷重をクリアするために、複雑な構造計算や許容応力度計算を行う必要があります。 レビックでは、住宅建材会社であるナカザワ建販との連携により、質の高い構造計算を行います。また、住宅性能評価や長期優良住宅において、高い耐震等級が取得できるように耐震計算を実施。 さまざまな税制待遇や地震保険の割引のサポートをします。
    詳しくは財務省「地震保険制度の概要」住宅金融支援機構のホームページをご覧ください。

長期優良住宅の申請

  • イメージ

    2世代・3世代と次につなげる住まいづくりの為に。
    建てた後もリフォームなどの手入れがしやすく何世代にもわたって長く安心して住めるよう、耐震・耐久性をそなえた「長期優良住宅」。 建て替えの費用負担を減らし、解体工事の際に出る廃棄物を削減して環境への負担を少なくする目的で2009年に長期優良住宅の普及の促進に関する法律が制定されました。 この法律によって、国が定める一定の基準を満たした住宅を建築計画し、行政に申請することで税制や融資において様々なメリットを受けられるようになりました。
    詳しくは国土交通省ホームページ「長期優良住宅のページ」をご覧ください。

認定低炭素住宅の申請

  • 低炭素住宅の申請

    環境にも家計にもやさしい家づくり。
    断熱性に加え、CO2排出量の削減にも配慮された「認定低炭素住宅」。外壁や窓などには優れた断熱性能を持つ住宅部材を取り入れ、省エネ型の給湯器やエアコン、照明などを採用するこで一次エネルギー消費量を抑え、光熱費などランニングコストの低い住宅となります。 この住宅に認定されれば、税制や融資でさまざまな優遇措置を受けることができ、家計への負担も減らすことができます。
    低炭素住宅に認定されるには、断熱性にすぐれた天井や外壁を採用したり、南窓にひさしを設けたりと、さまざまな省エネ対策を行い、一次エネルギー消費量(家庭用エネルギーを熱量に換算した値)を抑える必要があります。
    詳しくは国土交通省ホームページ「認定低炭素住宅に関する特例措置」をご覧ください。

PAGE TOP